JR京浜東北線大井町駅徒歩2分

東急大井町線大井町駅徒歩3分

03-3773-3082

精神科 心療内科

診療時間 日祝
10:00-13:00
15:00-18:30

身体疾患による精神障害

身体疾患による精神障害とは

身体疾患による精神障害画像

うつ病、統合失調症といった精神疾患は、画像検査や血液検査で特徴的な結果を示す事がほとんどありません。そのため精神疾患は脳の「機能」に障害が起きる病気といえます。

しかし、うつ病や統合失調症といった精神疾患に罹患していないのに、脳腫瘍などの脳の病気や、交通事故などで物理的に脳が損傷した場合に、脳の機能が損なわれ精神面の不調を来すことがあります。それらの、脳の「構造」が障害された場合に起きる疾患を「器質性精神障害」といいます。先に述べた「アルツハイマー型認知症」などの認知機能障害は、脳神経が萎縮するためにおきることから器質性精神障害に含めることがありますが、治療方法が異なるため、別の項目に分けて説明しています。

同じように、うつ病や統合失調症といった精神疾患に罹患していないのに、内分泌異常や膠原病といった身体の異常が、同じく身体の一部である脳に異常を引き起こすことがあります。そのような状態を「症状性精神障害」といいます。

身体疾患による精神障害の種類

  • アルツハイマー型認知症
  • その他の疾患の認知症、詳細不明の認知症
  • 器質性健忘症候群、アルコールその他の精神作用物質によらないもの
  • せん妄、アルコールその他の精神作用物質によらないもの
  • 脳の損傷や機能不全、身体疾患によるその他の精神障害
  • 脳の疾患、損傷、機能不全による人格・行動の障害
  • 詳細不明の器質性、または症状性精神障害

精神疾患の原因となりうる身体疾患

精神症状を引き起こす身体の原因は様々です。
脳の機能が損なわれる「器質性精神障害」の原因には、交通外傷、脳腫瘍、脳出血など、直接脳が損傷される要因が挙げられます。
アルツハイマー型認知症など認知障害は加齢によって起こる病気というイメージがありますが、長い時間をかけてアミロイドβというタンパク質が脳細胞に蓄積し、脳細胞が損傷することにより引き起こされるため、認知症も器質性精神障害としての特徴を持っています。

「症状性精神障害」では、甲状腺や副腎の病気などでホルモンが過剰に分泌されたり、減少したりし、脳の機能が正常に働かなくなることによって起こります。この他にも、糖尿病や気管支喘息など、比較的ありふれた病気が原因となって精神症状が起きることがあります。更年期など、ライフステージの変化に伴うホルモンバランスの変化で精神の変調を来すこともあります。

身体疾患による精神障害の治療について

器質性精神障害、症状性精神障害ともに、原因となる疾患を治療し影響を軽減することが必要です。
身体の病気であることを自覚できずに気分の落ち込み、性格の変化、幻聴などの症状が出たために精神科に相談にいらっしゃる方も少なくありません。原因となる身体疾患を治療せずに対症療法で精神症状を治療しても、改善しない場合があるため、内科の医師と緊密に連携する必要があります。
当クリニック院長は4年以上総合病院の精神科医師として勤務経験があり、他科の医師との連携、身体疾患を抱えた方の精神的な疾患を治療してきた経験があります。お気軽にご相談いただけたらと思います。

そばにクリニック大井町
クリニック名
そばにクリニック大井町
院長
佐藤 健登
診療内容
精神科 心療内科
住所
〒140-0014
東京都品川区大井1丁目22−5 八木ビル6階
TEL
03-3773-3082

(予約制)

最寄り駅
JR京浜東北線大井町駅徒歩2分
東急大井町線大井町駅徒歩3分
診療時間 日祝
10:00-13:00
15:00-18:30

最終受付15分前
※初診は1時間程度必要です